ブログトップ

海画廊 今月のおすすめ

umisan4.exblog.jp

岡本太郎 版画作品

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、まことにありがとうございました。
本年も皆さまのご期待に添えるようスタッフ一同尽力いたしますので、変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。


【作品のご紹介】

2017年最初にご紹介させていただくのは、日本の前衛芸術のパイオニア、岡本太郎の版画作品です。

d0131874_18171795.jpg


Title: 歓喜
年代: 1970年
技法: 木版
イメージサイズ: 45.5×34cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

熱い眼光を輝かせ、「芸術は爆発だ!」に代表される印象的な名言を残したことでも知られる岡本太郎。
絵画だけでなく、東京オリンピックの参加記念メダルや日本万国博覧会のシンボル、各地に設置されたモニュメントや壁画などのパブリック・アートを手がけ、私たち日本人にとって大変親しみやすく作品を身近に感じることのできるアーティストです。


d0131874_17523026.jpg



Title: めぐりあい
年代: 1970年
技法: 木版
イメージサイズ: 46×34cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

大型作品のイメージが強いかもしれませんが、1955年に初めてリトグラフの技法に出会って以降、生涯熱心に版画作品を制作しました。
万博が開催された同年に刷られたこちらの2点。
縁起のよいタイトルも付けられていて、贈り物にもおすすめです。

d0131874_17523061.jpg


Title: ポジション
年代: 1974年
技法: シルクスクリーン
イメージサイズ: 51×37.3cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

d0131874_17523069.jpg


Title: 視る
年代: 1974年
技法: 1974年
イメージサイズ: 51×37cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

「ポジション」と「視る」はパリで最初に作られた版画集“SURMENT ET SANS BUT(絶対的・そして無目的に)”に収録されたシリーズの内の2点です。
日本の書を想起させる勢いのあるストロークが画面上を走っています。
西洋美術の最前線を目の当たりにした岡本太郎が改めて自らのナショナリティーを意識して表現した作品と言えるでしょう

d0131874_18194161.jpg


Title: 風
年代: 1970年
技法: 木版
イメージサイズ: 48×36cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

小手先の美しさや巧妙さではなく、既存の概念にとらわれない新しく自由な美意識を生涯追い求めた岡本太郎。
伝統に挑み、常識に憤り、少年の眼で世界を見つめ続けた偉大な画家の作品は、私たちの背中を押して明日へのエネルギーを与えてくれる気がします。

d0131874_18230820.jpg


ただいま海画廊では、「新春アートフェア」を開催しております。
今回ご紹介しました岡本太郎の版画作品も特集展示していますので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。


岡本 太郎 Taro OKAMOTO

1911年 神奈川に生まれる
1929年 東京美術学校洋画科入学
1930年 家族と共に渡仏し、両親が帰国した後もひとりパリに残る
1932年 美術団体「アブストラクシオン・クレアシオン協会」のメンバーとなる
1940年 ドイツのパリ侵攻により帰国、日本を拠点に前衛芸術の牽引に励む
1970年 日本万国博覧会のシンボル「太陽の塔」「母の塔」「青春の塔」を含むテーマ館を制作、同館館長を勤める
1989年 フランス芸術文化勲章受章
1996年 東京にて死去



お問い合わせはこちらへお願いします。↓
UMIGALLERY
umigallery@hkg.odn.ne.jp
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2017-01-10 10:00 | 日本人作家 抽象
<< ホームページ閲覧不具合のお知らせ シャガール「魔笛」「カルメン」... >>