ブログトップ

海画廊 今月のおすすめ

umisan4.exblog.jp

2017年 09月 02日 ( 1 )

【デリエール・ル・ミロワール特集】No.39-40、No.98 ジャコメッティ

【作品のご紹介】

今回は、「デリエール・ル・ミロワール」特集の第2弾として、ジャコメッティを取り上げたNo.39-40とNo.98をご紹介いたします。

d0131874_16002980.jpg
「STANDING STATUES IN STUDIO」



Title: 「デリエール・ル・ミロワール」No.39-40
年代:1951年
技法: リトグラフ(計3点のオリジナル・リトグラフ、内1点はダブルページ)
シートサイズ: 38×28cm(シングルページ大)
サイン: 無
プライス: お問い合わせください



d0131874_16002963.jpg
「MAN WALKING IN THE STUDIO」

前回お送りしましたNo.127から遡ること10年。
同誌がジャコメッティをフォーカスした最初の号です。
1951年は、「デリエール・ル・ミロワール」の出版元であるギャラリー・マーグにて、パリで初のジャコメッティの個展が開催された記念すべき年でもあります。

d0131874_16002879.jpg
「ANNETTE, HORSE, STOOL」

3点のオリジナル・リトグラフと、ミシェル・レリスによるテキストが収録されているこちらの号。
個展に出品された彫刻36点、絵画18点の作品目録も挿入されており、展覧会図録の目的で作られたという記述が残っています。



d0131874_14261246.jpg
「MAN STANDING」



Title: 「デリエール・ル・ミロワール」No.98
年代:1957年
技法: リトグラフ(計3点のオリジナル・リトグラフ、内1点はダブルページ)
シートサイズ: 38×28cm(シングルページ大)
サイン: 無
プライス: お問い合わせください



d0131874_14261286.jpg
「HEAD OF MAN」

No.98には、3枚のオリジナル・リトグラフと、ジャン・ジュネによるテキスト「ジャコメッティのアトリエ」が収録されています。
芸術家や哲学者、文学者など、数多くの文化人と親交のあったジャコメッティ。
中でもフランスの小説家であり詩人のジャン・ジュネとは特に深い友人関係を築き、たとえ制作中であったとしても自由にアトリエを出入りすることを許すほどの間柄だったそうです。

d0131874_14262043.jpg
「THE STUDIO WITH BOTTLES」

自身のアトリエの風景なのでしょう。
作業台の傍らに、イーゼルや画布などが無造作に散らばっています。
ジャコメッティが今まさにこの場所で、一心不乱に格闘しながら創作している一瞬を切り取ったかのように感じられる絵柄です。

「雑誌」は、今も昔もその時代の最新のトピックを読者へ伝える重要なメディアでした。
ジャコメッティが生きた同時代の空気を、長い年月が経った今、こうして手に取り感じることが出来るのが「デリエール・ル・ミロワール」のようなヴィンテージ・アートブックの魅力です。

今回ご紹介いたしました2誌は、ただいま海画廊にてご覧いただけます。

ご興味お持ちいただきましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。



新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓


お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2017-09-02 12:43 | アートブック