ブログトップ

海画廊 今月のおすすめ

umisan4.exblog.jp

畦地梅太郎 木版画作品

【作品のご紹介】

例年にも増して暑さの厳しい今夏。
皆さまご体調を崩されてはいらっしゃいませんか。

夏のレジャーをお考えの方も多いのではないでしょうか。
今月のブログでは、見ていると無性に山に登りたくなる作品を2点ご紹介いたします。

「山の版画家」として知られる畦地梅太郎。
初期には都市の風景などを描いていましたが、1930年代になると山岳風景や山男シリーズを熱心に主題として取り上げるようになります。
温かみのある木版の味わいや題材への愛着を感じさせる作風から、没後20年近く経った現在も、多くの愛好家たちに支持されています。

d0131874_16280701.jpg

Title: 燕
年代: 1967年
技法: 木版
サイズ: 29.5×23.5cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


北アルプスの中でもとりわけ人気が高い燕岳。
別名を「頂上の小屋」というこの作品、1967年に刊行された木版5点入りの版画集『山―北アルプス』に収録されたものです。

赤い屋根が特徴の山荘は、描かれた当時の面影そのままに今も多くの登山者を受け入れています。

自ら山に登り取材をした上で制作をしたという畦地。
雲ひとつ無い晴天、頂上にぽつんと見える小さな小屋は畦地の心をさぞ癒したのではないか、と想像させられる1枚です。


d0131874_16280784.jpg

Title: 雪山の遠望(大野ヶ原遠望)
年代: 1940年
技法: 木版
サイズ: 29×40.7cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


一方、こちらは四国カルストの西側に位置する大野ヶ原を描いた作品です。
四国有数の酪農地帯として知られ、「日本のスイス」とも呼ばれている大野ヶ原。
畦地は、雪の積もるかの地の情景を、少し離れた場所から切り取っています。
そびえる山々の先に見えるなだらかな丘陵は、見るものをほっとさせる何かを感じさせます。
畦地はスケッチをしたこの場所から大野ヶ原を目指し、歩を進めたのかもしれません。

古い年代に作られていますので、シートにヤケなどの経年変化が見られますが、入荷が難しい大変貴重な作品です。


d0131874_17205078.jpg

山を愛し、自らの足でその土地の感触を踏みしめた画家にしか描けない、郷愁と愛情に満ちた作風が畦地の魅力です。

「山に登りたくなる絵」。
共感していただける方がいらっしゃれば幸いです。

ぜひ店頭にて木版ならではのぬくもりも併せてご体感くださいませ。

皆さまの海画廊へのお越しを、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。




畦地梅太郎 Umetaro AZECHI

1902年 愛媛に生まれる
1920年 画家を志し上京
1926年 内閣印刷局に勤めながら仕事の合間に鉛版画制作
1932年 日本版画協会会員となる
1944年 国画会会員となる 
1953年 第2回サンパウロ・ビエンナーレに日本代表として出品
1956年 第4回ルガノ国際版画ビエンナーレ(スイス)に参加
1971年 代表作「頂上の小屋」、「涸沢の小屋」など5点が宮内庁買い上げとなる
1985年 愛媛県教育文化賞・愛媛新聞賞受賞
1999年 東京にて死去




新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
# by umigallery-san | 2018-08-05 13:32 | 日本人作家 具象

靉嘔 ミクストメディア作品

【作品のご紹介】

猛暑の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ただいま海画廊では、「サマーアートセール」を開催しております。
デュフィやカトラン、元永定正、山本容子ほか、国内外の人気アーティストの作品を、一部最大30%オフの特別価格にてお求めいただけます。
8月末までの期間限定フェアとなりますので、この機会をお見逃しのないよう、ぜひご来廊くださいませ!


さて、今月のブログでは、靉嘔(アイオー)の新入荷作品をご紹介いたします。


d0131874_11043823.jpg

Title: 握手を
年代: 1983年
技法: 紙にミクストメディア
サイズ: 31×28.5cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


1950年代より、自由な美術界の在り方を提唱した「デモクラート美術家協会」に参加し、明るい色彩の油彩などを制作して早くから注目を集めていた靉嘔。
同協会の解散を機にニューヨークへ渡ると、前衛芸術家集団「フルクサス」のメンバーとして、パフォーマンスやインスタレーションなど、絵画にこだわらない表現の幅を広げていきました。
1960年代になると、人物や動植物、日用品、あるいは模様で埋め尽くされた抽象世界など、あらゆるものを虹のスペクトルに還元した絵画・版画に着手します。
生き生きとしたエネルギーに満ち溢れる七色の世界は、ヴェネチア・ビエンナーレでの発表を経て、たちまち観衆を惹きつけ、「虹のアーティスト」として国内外で高く評価されるようになりました。


d0131874_11044845.jpg

今回ご紹介する作品は、よく知られているレインボー作品とは少し趣を異にした、珍しい1枚です。
厚みのある透明の樹脂でラインが描かれ、生じたマス目の部分には淡く明るい着彩が施されています。
サインと年記も、同様の樹脂で書き込む懲りよう。

d0131874_11044894.jpg

まるでステンドグラスを思わせる、優しく包み込まれるような色彩です。
少し飴色がかった樹脂は表面がツヤツヤと輝き、涼しげな印象を与えています。


d0131874_11044887.jpg

靉嘔は、愛し合うカップルや咲き誇る花々、ダイナミックに描かれた生き物たちなどをしばしば題材として取り上げ、溢れ出るほどの生命の鼓動を作品として表現してきました。

「握手を」という画題の本作品、複雑に絡み合う樹脂や、ぶつかり混ざり合う色によって、私たちと他者との関わり合いを示唆しているようにも思えます。


d0131874_11043854.jpg

作品を引き立てる上質な白木の額縁に入っております。
「虹」にこだわり、今もなお探求を続けているアーティスト、靉嘔の貴重な一点ものの作品です。

ご興味がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。



靉嘔 Ay-O

1931年 茨城に生まれる
1953年 瑛九の創設した「デモクラート美術家協会」に参加
1954年 東京教育大学教育学部芸術学科卒業
1958年 渡米
1962年 「フルクサス」の活動に参加
1966年 ヴェネチア・ビエンナーレに参加
1971年 サンパウロ・ビエンナーレにて受賞
1995年 紫綬褒章受章




新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
# by umigallery-san | 2018-07-23 10:06 | 日本人作家 抽象

今井俊満 油彩作品

【作品のご紹介】

ここ関東も梅雨入りが発表され、じめじめと蒸し暑い季節となって参りました。

今月は、来たる夏にふさわしい、パワーみなぎる1枚をご紹介いたします。


d0131874_11141245.jpg

Title: Untitled
年代: 1963年
技法: 紙に油彩
サイズ: 32×25cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


作者は今井俊満。

1940年代半ば頃のヨーロッパを中心とした各国では、絵の具をキャンバスに激しく叩き付けるように厚塗りする抽象芸術が旋風を巻き起こしていました。
1952年に渡仏した今井は、留学中にフランスでのこうした運動に相当する「アンフォルメル」に日本人初として加わります。
そして、制作だけでなく同派の数々の優れた作家たちを日本に紹介した点でも大変大きな功績を残したのでした。


d0131874_11141226.jpg

1980年代以降の「琳派」をテーマとした作品群や、晩年の「コギャル」シリーズなど、常に新しい表現を展開した今井。
壮年期の1963年に制作された本作では、小さなグリーンの円を中心として、放射線状に光が放たれているかのような劇的な情景が描かれています。
幾層にも重ねられた絵の具は、さらにその上からペインティングナイフで削り取られ、重厚なマチエールが生み出されています。


d0131874_11142309.jpg

複雑に混ざり合う黒、白、黄に加え、よく見るとネオンピンクのような鮮やかな暖色が細かな飛沫となって散りばめられています。


d0131874_11141182.jpg

キャンバスではなく紙を支持体としているとは思えないほどの迫力です。
厚みのあるパネルにセットされ、アクリルボックスの額に入っております。


d0131874_11142367.jpg

裏面には今井の直筆サインと年記。
サインの周辺にも絵の具が飛び散り、絵筆を片手に制作していた当時の臨場感さえ感じます。


d0131874_11142342.jpg

「アンフォルメル」を中心とした表現主義的な抽象絵画は、戦争や抑圧された社会的背景の不条理が誕生の根源となっている、と言われています。
画家たちはやり場のない感情を色彩に託し、激しく画面にぶつけ、そしてそれを執拗に削り取ることで、自身の存在や芸術の行く先を手探りで求めていたのかもしれません。

世界的にいま高く再評価されている戦後美術。
中でもこちらの今井俊満の貴重な油彩画は、比較的小ぶりでディスプレイもしていただきやすい作品です。

店頭にて、ぜひ「熱い抽象」をご体感くださいませ。
皆さまのご来廊を、お待ちしております。



今井俊満 Toshimitsu IMAI

1928年 京都に生まれる
1952年 渡仏。1960年代末までパリに定住
1955年 日本人初の「アンフォルメル」の主要メンバーになる
1960年 ヴェネチア・ビエンナーレに日本代表として出品
1983年 レジオン・ドヌール勲章オフィシエ受章
2000年 余命宣告を受け、東京・銀座にて「サヨナラ展」を開催
2002年 73歳で死去



新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
# by umigallery-san | 2018-06-10 10:48 | 日本人作家 抽象

菅木志雄 水彩作品

【作品のご紹介】

新緑が美しい季節になりました。
ただいま海画廊では、「初夏のアートポスター展」を開催中です。
珍しいリトグラフポスターを多数展示販売しておりますので、ぜひご来廊くださいませ。


今月のブログでは、前回ご紹介した原口典之も所属する「もの派」の中心メンバー、菅木志雄の作品をピックアップいたします。


d0131874_17351126.jpg


Title: 囲界-9
年代: 1987年
技法: 紙に水彩
サイズ: 26×38cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください



石や木、ガラスの他、金属などの工業製品、可変性のある水や蝋を用いた立体、インスタレーション、絵画作品を手がける作家、菅木志雄。
在学中に「第11回シェル美術賞」を受賞するなど、初期の頃より目覚しい活躍をし、高い注目を集めています。

1960年から70年代の美術界では、作品と素材との関係性を問い直すことに対して、世界的に目が向けられていました。
その中で菅は「もの派」の作家として、「物質」とそれが置かれる「場」の相互作用によって生じる「風景」をテーマとした制作を一貫して続けています。


d0131874_17405068.jpg


グリーン一色のシンプルな抽象画です。
画面いっぱいに描かれた矩形の輪郭はラフなタッチでぼかされて、さらに右上の空間へと展開を見せています。

タイトルの「囲界」とは、「囲まれた世界」という意味でしょうか。
絵画作品の中の「地」と「図」の境界はどこにあるのかを、鑑賞者である私たちに問いかけているのかもしれません。


d0131874_17405771.jpg


壁に展示してみました。
作品がひとつの「モノ」として新しい景色を作り出し、空間をとても豊かなものにしてくれています。

現代美術を牽引する作家の、直筆サインが入った貴重な一点ものです。
今の時期に特におすすめの爽やかな色合いの絵柄に、上質な白木の額縁が良く合っております。
お部屋のイメージチェンジや、コレクション・アイテムにいかがでしょうか。

ただいま海画廊の店頭にてご紹介しております。
ご興味おありの方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。



菅木志雄 Kishio SUGA

1944年 岩手に生まれる
1968年 多摩美術大学絵画科卒業
1967年 「第11回シェル美術賞展」にて1等賞受賞
1978年 ヴェネチア・ビエンナーレ参加
1986年 「前衛芸術の日本」(ポンピドゥー・センター)参加
2015年 東京都現代美術館にて個展
2016年 毎日芸術賞受賞

東京都現代美術館、ダラス美術館、グッゲンハイム・アブダビ、テート・モダンなど、国内外の数々の美術館に作品が収蔵されている。



新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
# by umigallery-san | 2018-05-10 12:37 | 日本人作家 抽象

原口典之 平面作品

【作品のご紹介】

先日の季節はずれの雪景色に驚かされたのもつかの間、
そろそろ桜の見頃も終盤に近づいた、ここ東京。

海画廊では、4月より「スプリング・フェア」と題し、新生活のスタートに飾りたいスタッフ一押しの作品を展示販売いたします。

今回はその中から、戦後の美術運動「もの派」のメンバーとして活動を続ける作家、原口典之による平面作品をご紹介します。


d0131874_14093031.jpg


Title: Green 98-1
年代: 1998年
技法: 紙にアクリル、コラージュ
サイズ: 63×44.8cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


1977年、ドイツのカッセルで4年ごとに開催される「ドクメンタ6」に日本人初の招待作家として参加し、鉄製のプールに廃油が満たされたインスタレーション「オイルプール」を発表した原口。
周囲の環境をオイルの表面に映り込ませ、反転したもうひとつの視覚空間を生み出した作品は、美術界に大きな衝撃を与えました。

今日に至るまで、現代社会における物質のあり方をテーマに、廃油や金属、ポリエステルなどの工業製品や、軍用機や自動車の一部を素材とした立体作品・インスタレーションを多く手がけています

d0131874_14093077.jpg
こちらの《Green 98-1》は、少し厚手の紙の上にアクリル塗装された紙をコラージュした、貴重な一点ものの作品です。

白い画面の中央に緑色の正方形を配した、とてもシンプルな構図。
覗き込む鑑賞者や飾られた空間を映し出すつややかな表面は、
鏡のようでもあり、あるいはぽっかりと開いた窓のようでもあります。

一切の装飾性がそぎ落とされ、それぞれの素材や形体の持つ存在感がいっそう際立っています。

d0131874_14093050.jpg

明るいグリーンは、これからの新緑の時期にもぴったりなのではないでしょうか。

少し難しい印象の現代アートも、「お部屋のコーディネート」や「季節感」という視点で選んでみると、より身近に感じられるかもしれません。

ただいま本作品は、海画廊の店頭にてご紹介可能でございます。
皆様のご来廊、お問い合わせをお待ちしております!



原口典之 Noriyuki HARAGUCHI

1946年 神奈川に生まれる
1970年 日本大学芸術学部美術学科卒業
1976年 シドニー・ビエンナーレ参加
1977年 ドクメンタ6にて「オイルプール」を発表、パリ青年ビエンナーレ参加
1997年 光州ビエンナーレ参加




新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
# by umigallery-san | 2018-03-31 14:28 | 日本人作家 抽象