人気ブログランキング |
ブログトップ

海画廊 今月のおすすめ

umisan4.exblog.jp

田中敦子 ドローイング作品

【作品のご紹介】

新緑が美しい季節、街を歩けば早くも暑さを感じる頃となりました。
ただいま海画廊では、「新緑アートフェア アート&アートブック」を開催しております!
爽やかな初夏のお部屋作りにおすすめの人気作家による絵画・版画作品の他、今回はカタログレゾネや版画入り作品集などの貴重なアートブックも一部特別価格にてご紹介しております。
5月末頃までの期間限定でのフェアとなりますので、この機会をお見逃しのないよう、ぜひお立ち寄りくださいませ。

さて、今月のブログでは、田中敦子による貴重なドローイング作品をご紹介いたします。

d0131874_10592117.jpg

Title: 作品
年代: 2001年
技法: 紙にオイルパステル
サイズ: 15×10cm
サイン:有 (作品登録カード付)
プライス: お問い合わせください


戦後を代表する美術運動「具体」の中心メンバーとして活躍した田中敦子。
代表作の「電気服」や「ベル」は、具体の精神を反映させつつも、パフォーマンスやオブジェといったジャンルを超えた斬新な表現を実現しているとして、国際的にも高い脚光を浴びました。
中でも、色とりどりの点滅する電球・管球を服状に仕立てた作品「電気服」は、1950年代後半以降の田中の創作の方向性を位置づける需要な役割を担いました。
生涯数多く残した、電球と配線を象徴的に描いた抽象絵画は、鮮やかな色彩とうねるような線が画面上で絡み合い、一度観たら忘れられない強烈な印象を与えます。

d0131874_10592053.jpg

今回ご紹介する作品も、同様に「電気服」をイメージソースとした1枚です。
葉書サイズほどの小さな紙いっぱいに張り巡らされた青系の円と線。
現代社会の複雑さや混沌を感じさせながらも、爽やかな色合いや小品ならではの可愛らしさをもお楽しみいただける絵柄です。
ホワイトのペイントが施された作品を引き立てる上質な額をお付けしております。

d0131874_10592149.jpg

お部屋やオフィスに、大切な方への贈り物に、個性あふれる貴重なアート作品はいかがでしょうか。
ただいまこちらの作品は海画廊の店頭にてご覧いただけますので、どうぞお気軽にご来廊くださいませ。





田中 敦子 Atsuko TANAKA

1932年 大阪に生まれる
1951年 京都市立美術大学中退。その後大阪市立美術館付設美術研究所に通い、金山明と出会う
1955年 具体美術協会に参加
1956年 電球を用いた服状の作品「電気服」を発表
1993年 ヴェネチア・ビエンナーレに参加
2001年 国内初となる大規模な回顧展が開催
2005年 奈良にて死去




新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-19:00) 年中無休

by umigallery-san | 2019-05-14 12:06 | 日本人作家 抽象
<< ポリアコフ リトグラフ作品 関根伸夫 位相絵画 >>