人気ブログランキング |
ブログトップ

海画廊 今月のおすすめ

umisan4.exblog.jp

関根伸夫 位相絵画

【作品のご紹介】

春本番、ここ東京ではいつの間にか桜の季節も過ぎ、爽やかな新緑が街を彩る頃となりました。
年度初めで新しい環境を迎えられた方もたくさんいらっしゃることと思います。

私ども海画廊が運営する「軽井沢現代美術館」は、4月26日に今期のオープンを迎えます。
今回のブログでは、当館の今年の企画展「もの派の作家たち ー関根伸夫を中心にー」にちなみ、関根伸夫の位相絵画をピックアップいたします。

d0131874_10130191.jpg

Title: 不定のもの
年代: 1988年
技法: 金箔
サイズ: 8号
サイン:有
プライス: お問い合わせください


関根は、「もの派」誕生のきっかけとなったデビュー作《位相-大地》以来、「位相」の概念をテーマにさまざまなスタイルで作品の発表を行っています。
あまり聞きなじみのない「位相」という言葉は、造形物を周囲の環境に応じて形を変え得るものだ、とする考え方を意味します。
平面や立体、大規模なインスタレーションなどによって展開される作品群の中でも、今回ご紹介する「位相絵画」は、関根の画業を象徴する代表的なシリーズです。

d0131874_10130130.jpg

Title: 黒いフレーム
年代: 1992年
技法: 金箔
サイズ: 8号
サイン:有
プライス: お問い合わせください


《不定のもの》は、画面中央にぽっかりと穴が開き、くり抜かれたパーツがそばに貼り付けられています。
一方《黒いフレーム》では、一度切り取られ、再度貼り付けられた右下の黒い枠が、表面に残された無数のタッチと共に画面に緊張感を与えています。
同様に《ダ円の風景》でも、作品の表面と格闘する作家の痕跡を見て取ることができるでしょう。

d0131874_10130146.jpg

Title: ダ円の風景
年代: 1988年
技法: 黒銀箔
サイズ: 6号
サイン:有
プライス: お問い合わせください


切り取った作品の部分を再び画面上に配置したり、表面を引っかいたりしても、結果的に創作の前後で作品の「物体」としての容積や総量に何ら変更は生じていません。
こうした状態で最後に金箔や黒銀箔でコーティングし、作品として完結させる、という「位相絵画」シリーズ。
作家の手が加わることで生まれた新しいビジョンは、鑑賞者に、作品の持つ実在性を強く意識させます。

ゴールドの作品は、とても鮮やかな光沢が美しく、黒銀箔の作品はシックでクールな雰囲気をお楽しみいただけます。
その時の気分で見え方や感じ方が変わるのも抽象作品の醍醐味です。
海画廊の店頭にてご紹介可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ・ご来廊くださいませ。

軽井沢現代美術館では、4月26日~11月24日の会期中、関根伸夫に加え、「もの派」の作家計6名による個性豊かな作品を企画展示いたします!
詳細はこちら↓↓↓

GWなどの行楽シーズン、お近くにお越しの機会がございましたらぜひご来館くださいませ。
皆さまのお越しをスタッフ一同お待ち申し上げております。




関根 伸夫 Nobuo SEKINE

1942年 埼玉県に生まれる
1968年 多摩美術大学大学院油画研究科修了
第1回現代日本野外彫刻展に「位相‐大地」を出品
1970年 ヴェネチア・ビエンナーレに参加、その後2年間滞欧
1973年 環境美術研究所設立
1978年 ヨーロッパ3カ国巡回個展開催
1987年 「位相絵画展」を日本で巡回
2002年 韓国釜山ビエンナーレ、彫刻プロジェクト参加
2012年 「東京1955-1970展」(ニューヨーク近代美術館)にて特集展示

その他、展覧会歴、各国美術館への収蔵作品多数。
現在、ロサンゼルスを拠点に活動を行っている。



新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-19:00) 年中無休

# by umigallery-san | 2019-04-15 10:48 | 日本人作家 抽象

ハンス・アルプ リトグラフ作品

【作品のご紹介】

明けましておめでとうございます。
早いもので1月も半月程が経ちました。
厳しい冷え込みが続いておりますが、皆様におかれましては良き新年をお迎えになられたことと存じます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

「今月のおすすめ」ブログ、2019年最初にご紹介するのは、20世紀に生まれた前衛芸術運動「ダダ」を代表するアーティスト、ハンス・アルプによるリトグラフ作品です。

d0131874_13444627.jpg

Title: Configuration
年代: 1951年
技法: リトグラフ
サイズ: 52.1×31.1cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


フランスとドイツの文化が混ざり合うストラスブールで生まれたハンス・アルプは、最初は詩人として出発し、その後に彫刻、絵画も制作するようになりました。
保守的な美術の在り方に常に疑問を投げかけ、1916年にはこれまでの規範を大きく覆す革新的な運動「ダダイスム」を仲間たちと共に立ち上げます。
千差万別の前衛表現が巻き起こる中、アルプは自然の中に宿る形態を抽出し、再構成するという「オブジェ言語」のスタイルを追求していきました。
アルプによって選び取られた形は、柔らかな曲線とぬくもりのある有機的な抽象作品へと生まれ変わり、後のシュルレアリスムへと続く新しい美術に大きな影響を与えたのでした。

d0131874_13445164.jpg


ゆっくりと溶け出すかのように見える2つの図形が配置(configuration)されています。
グレーとブルーの淡いトーンが観る者に安らぎを与える、美しい絵柄の作品です。
アルプの作品からは、物語性や再現性は一切削ぎ落とされ、純粋な造形の持つ立体感や生命力に充ちています。
この不思議な形が植物なのか、人体の一部なのか、あるいは日用品なのか、そのルーツに想いを馳せてみるのも楽しいかもしれません。

d0131874_13445184.jpg


上質な白木の額縁が、作品をいっそう引き立てております。
直筆サインの入った貴重な1枚を、お部屋のディスプレイやコレクションにいかがでしょうか。

ただいま海画廊では「新春アートフェア」を開催しております。
スタッフいちおしの作品を、店内一部特別プライスにてご紹介中です。
好評につき会期を1月末まで延長いたしましたので、お近くまでお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいませ。

皆さまのご来廊を心よりお待ちしております。

d0131874_13445116.jpg



ハンス・アルプ Hans ARP

1886年 旧ドイツ領(現在はフランス)のアルザス地方・ストラスブールに生まれる
1901年 ストラスブールの美術工芸学校へ入学するが、保守的な教育方針に疑問を抱く
1904年 詩集を発表、その後ワイマールにて美術学校に入学する
1911年 スイスの同世代の作家たちと共に「デア・モデルネ・プント(近代同盟)」を設立し、展覧会を開く
1912年 ドイツ表現主義グループ「青騎士」に参加
1916年 スイスでダダイスム運動を起こす
1926年 フランスに帰化
1954年 ヴェネチア・ビエンナーレ彫刻部門賞受賞
1963年 フランス芸術大賞受賞
1966年 スイスのバーゼルにて死去





新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-19:00) 年中無休

# by umigallery-san | 2019-01-13 18:31 | 外国人作家 抽象

「クリスマスギフトフェア」絶賛開催中

【クリスマスギフトフェアのご案内】

気がつけば本年も残すところあとわずか。
お仕事に、新年を迎えるご準備にと、皆様お忙しくお過ごしのことと思います。

d0131874_16193499.jpg

ただいま海画廊では、12月25日(火)までの期間限定で「クリスマスギフトフェア」を開催中です!
大切なご家族やご友人、お世話になった方や、1年間がんばったご自身へ、アートの贈り物はいかがでしょうか?

d0131874_16193360.jpg

シャガールやマティス、カトランをはじめ、南桂子、有元利夫、山本容子などの国内外の人気作家による、
プレゼントにおすすめの作品を、店内一部セールプライスにてご紹介しております。

d0131874_16193324.jpg

お好みの作品のイメージがはっきり決まっていなくてもご安心ください!
色合いやサイズ、ご予算などを、お客様お一人お一人とお話しさせていただきながら、
おすすめの作品をご提案いたします。
今年のホリデーシーズンは、お気に入りのアートと過ごしてみてはいかがでしょうか?

d0131874_16193313.jpg

海画廊は、2019年1月1日(元日)を除き、年末年始も休まず営業いたします。
12月31日(月)、1月2日(水)、1月3日(木)は10時~18時の短縮営業となります。
また、誠に勝手ながら、2019年より通常の営業時間を10時~19時に変更させていただきます。
ご不便をお掛けいたしますが、どうぞご了承くださいませ。

d0131874_16193385.jpg

本年もたくさんのお客様にご来廊いただき、作品をご紹介できましたこと、
スタッフ一同心より感謝申し上げます。
新年も「アートのある生活」の楽しさをお伝えできるよう精進いたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎え下さいませ!





新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

# by umigallery-san | 2018-12-21 16:31 | 海画廊からのお知らせ

ミンモ・パラディーノ 版画作品

【作品のご紹介】

朝晩はめっきり冷え込み、冬の気配を感じる頃となりました。
少しずつ年末に向けて慌しくなる時期ですが、皆さまにおかれましてもお忙しくお過ごしのことと思います。

今月のブログでは、晩秋の肌寒さにぬくもりを添える作品をご紹介いたします。


d0131874_11042752.jpg

Title: 「ピノッキオの冒険」より
年代: 2004年
技法: シルクスクリーン、コラージュ
サイズ: 60×91cm
サイン:有
プライス: Sold Out


まるで無邪気な子どもが描いたかのような自由な世界が、カラフルに描き出されています。

作者はイタリア出身のミンモ・パラディーノ。
サンドロ・キアやエンツォ・クッキなど、1980年代イタリアの芸術運動「トランス・アバンギャルド(新表現主義)」のアーティストたちと共に活動をしてきました。

d0131874_11043782.jpg

Title: 「ピノッキオの冒険」より、ピノッキオの誕生
年代: 2004年
技法: シルクスクリーン、水彩、コラージュ
サイズ: 60×44.5cm
サイン:有
プライス: Sold Out


1975年頃より、絵画・版画・彫刻などの幅広い表現で作品の制作を始めます。
初期には神話モチーフを主なテーマとしていましたが、1980年代に入ると、次第にエジプトや古代ギリシャ・ローマなどの古代文明に影響を受けた、プリミティブで寓意的な作風を確立していきます。

d0131874_11042750.jpg

Title: 「ピノッキオの冒険」より、トルコ石のように青い仙女
年代: 2004年
技法: シルクスクリーン、エッチング、コラージュ
サイズ: 60×44.5cm
サイン:有
プライス: Sold Out


今回ご紹介する4点は、「ピノッキオの冒険」というシリーズ。
2004年、高松市美術館や呉市美術館ほかで「ピノッキオーその誕生から現代までー」展が開催されました。
その際に出版された書籍(パラディーノによる32点の挿画と、『ピノッキオの冒険』の物語から成る)と同時に作られた版画版ポートフォリオに収録された作品です。

d0131874_11043373.jpg

Title: 「ピノッキオの冒険」より、マグロ
年代: 2004年
技法: シルクスクリーン、コラージュ
サイズ: 60×44.5cm
サイン:有
プライス: Sold Out


世界中で親しまれている童話の世界に、パラディーノならではの個性豊かな味わいが添えられています。
明るい色合いとポップでユニークな絵柄は、観ていて自然と笑顔になれるのではないでしょうか。
物語の場面を想像してみるのも楽しいですね。

リビングや子ども部屋、クリニックのインテリアなどにもおすすめです!
ぜひ海画廊の店頭にてご覧くださいませ。
皆さまのお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。




ミンモ・パラディーノ Mimmo PALADINO

1948年 イタリアのパドゥーリに生まれる
1964年 ベネヴェント美術学校入学
1975年頃 制作を始める
1980年 ヴェネチア・ビエンナーレに参加
1982年 ドクメンタ7に参加

現在。パドゥーリを拠点に活動。
ニューヨーク近代美術館、ベルン美術館、ボローニャ美術館、ルイジ・ペッチ現代美術センターなどに作品が収蔵されている。




新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

# by umigallery-san | 2018-11-24 10:14 | 外国人作家 抽象

今井俊満 シルクスクリーン作品

【作品のご紹介】

早いもので今年も残すところ3ヶ月を切り、季節も日ごとに秋めいて参りました。

ただいま海画廊では、「海画廊コレクション」を開催中です。
芸術の秋、お部屋に飾りたい国内外の人気作家の作品が続々と入荷しております。
お近くにお出かけの際には、ぜひ店頭にお立ち寄りくださいませ。

さて、今月のブログでは、今井俊満の連作シルクスクリーン作品「花鳥風月」をご紹介いたします。


d0131874_16152311.jpg

Title: 桜図
年代: 1992年
技法: シルクスクリーン
サイズ: 63×90.5cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


1952年に渡仏し、当時のヨーロッパの美術運動の中心だった「アンフォルメル」の画家として活躍した今井俊満。
6月のブログでご紹介したような重厚で力強い抽象画は、フランスの地でも異邦人でありながら、高く評価されていました。


d0131874_16150176.jpg

Title: 桜図
年代: 1990年
技法: シルクスクリーン
サイズ: 56×75cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


やがて、1980年代になると作風は突如一変します。
勢いのある絵の具のほとばしりは影を潜め、古き日本の伝統絵画を思わせる、煌びやかで流麗な作品が現れたのです。


d0131874_16150198.jpg

Title: 風立ちぬ
年代: 1990年
技法: シルクスクリーン
サイズ: 56×76.2cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


これらのシリーズは「花鳥風月」と名付けられ、キャンバスや紙にアクリルで描かれたものの他、版画や着物、公共空間の壁画など、様々に支持体を変えて展開を見せました。

d0131874_16150161.jpg

Title: 薄図
年代: 1988年
技法: シルクスクリーン
サイズ: 55.2×74.6cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


作品を観た人々は、これまでの作品からの変貌ぶりに大変驚いたそうです。

西洋の「アンフォルメル」と東洋の「琳派」を融合させた画期的な作品群について、画家自身は次のように語っています。

「私が花鳥風月で行った伝統再生の作業は古典主義とは全く異なる。
なぜなら日本の伝統的芸術遺産の特定の形態に回帰したのではないからである。
私が回帰したのは伝統芸術の奥底を流れる、定かならぬ全体、そこに私は戻ったのだと思う。」
(出典:「アンフォルメル花鳥風月」、『へるめす』21号、1989年)

d0131874_16152294.jpg

Title: 龍田川
年代: 1990年
技法: シルクスクリーン
サイズ: 55.7×75.2cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


晩年まで幾度も大胆に画風を変化させながら、「今、描くべきもの」を探り続けた画家、今井俊満。
この「花鳥風月」には、フランスの地で生きる自らの日本人としての自我を重ね合わせていたのかもしれません。

d0131874_16192197.jpg

Title: 紅葉
年代: 1990年
技法: シルクスクリーン
サイズ: 64.5×75.8cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


伝統的な日本画の形式を引用しながら、東洋と西洋それぞれの特徴をハイブリッドに表現した人気のシリーズ。
中でも今の季節、金地に華やかな文様が散りばめられた紅葉モチーフは、空間の華やぎにも大変おすすめの絵柄です。
和室はもちろん、あえて洋風のお部屋に合わせてみるのも素敵です。

d0131874_16150131.jpg

Title: 紅葉
年代: 1990年
技法: シルクスクリーン
サイズ: 56.5×75.6cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


額装のご相談も承っております。
コンディションやプライスなどの詳細に関しましては、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。




今井俊満 Toshimitsu IMAI

1928年 京都に生まれる
1952年 渡仏。1960年代末までパリに定住
1955年 日本人初の「アンフォルメル」の主要メンバーになる
1960年 ヴェネチア・ビエンナーレに日本代表として出品
1983年 レジオン・ドヌール勲章オフィシエ受章
2000年 余命宣告を受け、東京・銀座にて「サヨナラ展」を開催
2002年 73歳で死去



新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

# by umigallery-san | 2018-10-16 10:02 | 日本人作家 具象