ブログトップ

海画廊 今月のおすすめ

umisan4.exblog.jp

カテゴリ:日本人作家 抽象( 62 )

菅木志雄 水彩作品

【作品のご紹介】

新緑が美しい季節になりました。
ただいま海画廊では、「初夏のアートポスター展」を開催中です。
珍しいリトグラフポスターを多数展示販売しておりますので、ぜひご来廊くださいませ。


今月のブログでは、前回ご紹介した原口典之も所属する「もの派」の中心メンバー、菅木志雄の作品をピックアップいたします。


d0131874_17351126.jpg


Title: 囲界-9
年代: 1987年
技法: 紙に水彩
サイズ: 26×38cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください



石や木、ガラスの他、金属などの工業製品、可変性のある水や蝋を用いた立体、インスタレーション、絵画作品を手がける作家、菅木志雄。
在学中に「第11回シェル美術賞」を受賞するなど、初期の頃より目覚しい活躍をし、高い注目を集めています。

1960年から70年代の美術界では、作品と素材との関係性を問い直すことに対して、世界的に目が向けられていました。
その中で菅は「もの派」の作家として、「物質」とそれが置かれる「場」の相互作用によって生じる「風景」をテーマとした制作を一貫して続けています。


d0131874_17405068.jpg


グリーン一色のシンプルな抽象画です。
画面いっぱいに描かれた矩形の輪郭はラフなタッチでぼかされて、さらに右上の空間へと展開を見せています。

タイトルの「囲界」とは、「囲まれた世界」という意味でしょうか。
絵画作品の中の「地」と「図」の境界はどこにあるのかを、鑑賞者である私たちに問いかけているのかもしれません。


d0131874_17405771.jpg


壁に展示してみました。
作品がひとつの「モノ」として新しい景色を作り出し、空間をとても豊かなものにしてくれています。

現代美術を牽引する作家の、直筆サインが入った貴重な一点ものです。
今の時期に特におすすめの爽やかな色合いの絵柄に、上質な白木の額縁が良く合っております。
お部屋のイメージチェンジや、コレクション・アイテムにいかがでしょうか。

ただいま海画廊の店頭にてご紹介しております。
ご興味おありの方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。



菅木志雄 Kishio SUGA

1944年 岩手に生まれる
1968年 多摩美術大学絵画科卒業
1967年 「第11回シェル美術商展」にて1等賞受賞
1978年 ヴェネチア・ビエンナーレ参加
1986年 「前衛芸術の日本」(ポンピドゥー・センター)参加
2015年 東京都現代美術館にて個展
2016年 毎日芸術賞受賞

東京都現代美術館、ダラス美術館、グッゲンハイム・アブダビ、テート・モダンなど、国内外の数々の美術館に作品が収蔵されている。



新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2018-05-10 12:37 | 日本人作家 抽象

原口典之 平面作品

【作品のご紹介】

先日の季節はずれの雪景色に驚かされたのもつかの間、
そろそろ桜の見頃も終盤に近づいた、ここ東京。

海画廊では、4月より「スプリング・フェア」と題し、新生活のスタートに飾りたいスタッフ一押しの作品を展示販売いたします。

今回はその中から、戦後の美術運動「もの派」のメンバーとして活動を続ける作家、原口典之による平面作品をご紹介します。


d0131874_14093031.jpg


Title: Green 98-1
年代: 1998年
技法: 紙にアクリル、コラージュ
サイズ: 63×44.8cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


1977年、ドイツのカッセルで4年ごとに開催される「ドクメンタ6」に日本人初の招待作家として参加し、鉄製のプールに廃油が満たされたインスタレーション「オイルプール」を発表した原口。
周囲の環境をオイルの表面に映り込ませ、反転したもうひとつの視覚空間を生み出した作品は、美術界に大きな衝撃を与えました。

今日に至るまで、現代社会における物質のあり方をテーマに、廃油や金属、ポリエステルなどの工業製品や、軍用機や自動車の一部を素材とした立体作品・インスタレーションを多く手がけています

d0131874_14093077.jpg
こちらの《Green 98-1》は、少し厚手の紙の上にアクリル塗装された紙をコラージュした、貴重な一点ものの作品です。

白い画面の中央に緑色の正方形を配した、とてもシンプルな構図。
覗き込む鑑賞者や飾られた空間を映し出すつややかな表面は、
鏡のようでもあり、あるいはぽっかりと開いた窓のようでもあります。

一切の装飾性がそぎ落とされ、それぞれの素材や形体の持つ存在感がいっそう際立っています。

d0131874_14093050.jpg

明るいグリーンは、これからの新緑の時期にもぴったりなのではないでしょうか。

少し難しい印象の現代アートも、「お部屋のコーディネート」や「季節感」という視点で選んでみると、より身近に感じられるかもしれません。

ただいま本作品は、海画廊の店頭にてご紹介可能でございます。
皆様のご来廊、お問い合わせをお待ちしております!



原口典之 Noriyuki HARAGUCHI

1946年 神奈川に生まれる
1970年 日本大学芸術学部美術学科卒業
1976年 シドニー・ビエンナーレ参加
1977年 ドクメンタ6にて「オイルプール」を発表、パリ青年ビエンナーレ参加
1997年 光州ビエンナーレ参加




新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2018-03-31 14:28 | 日本人作家 抽象

榎倉康二 ドローイング作品

【作品のご紹介】

暦の上では春とは言え、まだまだ厳しい寒さは続くようです。

海画廊ではただいま「海画廊コレクション」と題し、国内外の有名作家の人気の絵柄や、気鋭の若手アーティストによる1枚などを多数展示販売しております。

今月のブログでは、新入荷の中からピックアップした榎倉康二の作品をご紹介いたします。


d0131874_18572821.jpg


Title: 作品
年代: 1982年
技法: 紙にボイル油、グラファイト
サイズ: 55.3×75.2cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


“榎倉康二”という作家をご存じですか?
一般的な知名度はそれほど高くないかもしれませんが、知る人ぞ知る、日本の美術史を語る上では欠かすことのできない重要人物なのです。

戦後日本の前衛芸術運動「もの派」のメンバーとして活躍した榎倉。

屋外でのインスタレーションや絵画、版画、写真など、実に多彩な表現方法を操った作家です。
中でも、水や油、土といった流動的な素材を用いた平面作品やオブジェが代表的なシリーズとして挙げられます。


d0131874_18573389.jpg
                 (部分拡大図)

今回ご紹介する本作品、左側には「ボイル油」という、絵の具やペンキの原料としても使われるオイルが紙にじわりと滲み、画面中央へと少しずつ浸食しながら広がっていくかのように見えます。

d0131874_18573670.jpg
                 (部分拡大図)


対する右側には、「グラファイト」による漆黒の世界。
紙に炭が塗り重ねられるガサガサという乾いた音が聞こえてきそうな荒々しいタッチです。
ところどころかすれたり擦れたりするその質感は、独特の存在感を湛えています。

私たちがある物事と対峙したり、空間の中で物質が起こす何らかの反応を、「浸透」「干渉」などのキーワードを手がかりに追求することを生涯制作のテーマとした榎倉。

こちらの作品も、シンプルな色彩と構図による画面の中に、「染み込む」「擦れる」という触覚を視覚的に刺激させる仕掛けが盛り込まれた、とても奥深い作品です。

d0131874_17432467.jpg


作品を引き立てる浮かしタイプの額装にてご紹介しております。
横幅80cm強の額サイズは、このように本棚やリビングのテレビボードの上、オフィスや店舗の壁面にも飾っていただきやすいおすすめの大きさです。

ただいま海画廊の店頭にて実際にご覧いただけます。
榎倉によって見出された素材の持つ性質や美しさを、ぜひ体感していただければと思います。




榎倉康二 Koji ENOKURA

1942年 東京に生まれる
1966年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1968年 同大学大学院修士課程修了
1969年 初個展を開催
1970年 第10回日本国際美術展出品
1971年 パリ青年ビエンナーレに代表作《壁》を出品、優秀賞(パリ留学賞)受賞
1978年 ヴェネチア・ビエンナーレ出品
1995年 東京にて死去






新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2018-02-14 11:11 | 日本人作家 抽象

関根伸夫 ステンレス作品

【作品のご紹介】

早いもので、本年も残すところあとわずかとなりました。
この1年もたくさんの皆様にご来廊いただき、誠にありがとうございました。
来る年も、お客様と作品との出会いのお手伝いが出来ればと思っておりますので、変わらぬご愛顧のほど、お願いいたします。

さて、師走を締めくくる今月号として、関根伸夫のステンレス作品をご紹介いたします。

d0131874_16313961.jpg

Title: ピラミッドの頂
年代:1982年
技法:ステンレス
サイズ: 13.1×27.2×17.4cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください


戦後日本を席巻した美術動向「もの派」のパイオニアとして活躍した関根伸夫。
1968年、神戸須磨離宮公園が舞台となる第1回現代日本野外彫刻展に出品した作品「位相‐大地」が、同派の誕生のきっかけとなったことはよく知られています。


d0131874_16313907.jpg

Title: 大地の点
年代:1982年
技法:ステンレス
サイズ:36×32.5×2cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください


造形を不可変のものではなく、環境に応じて変形可能の「相」であると捉えた関根の理論は、従来の彫刻の概念を根底から大きく覆しました。
今回ご紹介する2点もこのような側面から眺めてみると、美術史に名を刻んだ作家の意図が垣間見えるのかもしれません。


d0131874_18155974.jpg

刷毛跡のようなタッチの残るステンレス面と、絵の具の飛沫を思わせる黒色の部分の対比が印象的な「ピラミッドの頂」。
ひんやりと冷たく鋭利なイメージですが、太陽光や電灯の光を浴びると、ピラミッド型の彫刻そのものが輝いているかのような、あたたかで神秘的な雰囲気をまとって見えます。


d0131874_16315378.jpg

こちらは曇りのない鏡面の輪郭部分に、タイトル、署名、年記が刻まれたレリーフ状の作品です。
裏面に吊金具が取り付けてあるので、このようにすっきりと壁にかけて展示していただけます。

d0131874_16315323.jpg

近づいてみると・・・

ただいま海画廊にて開催中の「クリスマスギフトフェア」の店内帯の文字が一部歪んで映っているのがお分かりでしょうか。
ツヤツヤのミラーの中央部分に意図的にぽつんと凸状の「点」が作られています。
対峙するものが映りこんで初めて成立する本作。
設置する環境に応じてさまざまな風景を切り取り、観る者を魅了する作品です。


こちらの作品はただいま海画廊の店頭にてご紹介可能でございます。
質感のとても美しい作品です。
ぜひ実際にご覧になりにお越しくださいませ。

皆様のご来廊をお待ちしております。



関根 伸夫 Nobuo SEKINE

1942年 埼玉県に生まれる
1968年 多摩美術大学大学院油画研究科修了
第1回現代日本野外彫刻展に「位相‐大地」を出品
1970年 ヴェネチア・ビエンナーレに参加、その後2年間滞欧
1973年 環境美術研究所設立
1978年 ヨーロッパ3カ国巡回個展開催
1987年 「位相絵画展」を日本で巡回
2002年 韓国釜山ビエンナーレ、彫刻プロジェクト参加
2012年 「東京1955-1970展」(ニューヨーク近代美術館)にて特集展示

その他、展覧会歴、各国美術館への収蔵作品多数。
現在、ロサンゼルスを拠点に活動を行っている。




新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2017-12-21 12:53 | 日本人作家 抽象

松谷武判 水彩・版画作品

【作品のご紹介】

いつの間にか街はすっかり秋めいて、ここ東京は紅葉の見頃が待ち遠しい季節となりました。

3回連続でお届けしました「デリエール・ル・ミロワール特集」も、ここでちょっとひと休み。
今回は、日本の現代美術界を牽引するアーティスト、松谷武判の作品をご紹介いたします。


d0131874_15142142.jpg

Title:繁殖の夢
年代:1973年
技法:シルクスクリーン
イメージサイズ: 73.1×52.9cm
サイン:有
プライス:お問い合わせください



1960年、具体美術展に初出品。
1963年にはビニール系の接着ボンドを用いた半立体状の作品を出品し、その革新的な表現が吉原治良に見出されて、同会会員に推挙されます。
以後、「具体」の中心メンバーとして活動を始めるようになりました。

d0131874_15142463.jpg

Title:OBJECT B
年代:1971年
技法:リトグラフ
イメージサイズ: 63.5×51.6cm
サイン:有
プライス:お問い合わせください



1966年に渡仏し、パリにアトリエを構えた松谷武判。
1970年代半ばになると、紙と鉛筆による白黒の世界で“日本的な美意識”を魅せる作風へと到達し、以来「モノクローム」を重要なテーマとして追求し続けています。


ねっとりと垂れ下がる有機的なカタチ。
つややかな光沢。

シートでご紹介中のこちらの2点、どちらも1970年代の貴重な版画作品です。


d0131874_15125608.jpg


Title: SUMMER-2000
年代:2000年
技法:紙に水彩
シートサイズ:25×16cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


こちらは2000年に描かれた四季のシリーズから、「SUMMER」、「AUTUMN」、「SPRING」の3点。


d0131874_15130712.jpg


Title: AUTUMN-2000
年代:2000年
技法:紙に水彩
シートサイズ:25×16cm
サイン:有
プライス: Sold Out


画像では分かりづらいのですが、濃い黒色の部分は、作家特有のビニールのような質感で描かれています。


d0131874_15141842.jpg

Title: SPRING-2000
年代:2000年
技法:紙に水彩
シートサイズ:25×16cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


こちらの作品、黒とシルバーの額縁を合わせてみたところ、とてもクールですっきりとした印象になりました。


d0131874_12505956.jpg


小さめサイズのため、壁に吊金具を設置するのが難しい場合でも、このように台の上に立て掛けて飾っていただくこともできます。


d0131874_15223106.jpg


2点並べて展示するとこのようなイメージ。
リズム感も生まれて、いっそう素敵な空間作りができるのではないでしょうか?


d0131874_12441304.jpg

d0131874_12441990.jpg


松谷武判はただいまヴェネチアにて開催中の「第57回ヴェネチア・ビエンナーレ」に国際招待作家として参加しています。
今後ますます世界的にも注目が高まりそうですね!

ご紹介しました作品は、海画廊の店頭にてご覧いただけます。
どうぞお気軽にお立ち寄り・お問い合わせくださいませ。



松谷武判 Takesada MATSUTANI

1937年 大阪に生まれる
1954年 大阪市立工芸高校日本画科入学
1960年 具体美術協会展に出品
1966年 フランス政府留学生選抜第1回毎日美術コンクールでグランプリを受賞し、渡仏
1967年 S.W.ヘイターの版画工房「アトリエ17」に入門
1970年 独立し、モンパルナスにシルクスクリーン版画工房を作る
2002年 西宮市民文化賞受賞
2017年 第57回ヴェネチア・ビエンナーレに参加

現在、パリと西宮の工房を行き来しながら活動を続ける。



新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2017-10-12 12:52 | 日本人作家 抽象

土橋醇 ミクストメディア・版画作品

【作品のご紹介】

厳しい暑さが続いております。
夏本番目前のこの時期、涼しいギャラリーで、またはお部屋のPCやスマートフォンで、気軽にアート鑑賞に浸ってみてはいかがでしょうか。

「今月のおすすめ」ブログ、今回はクールな色彩が魅力の土橋醇の作品をご紹介いたします。

d0131874_14554948.jpg

Title: 作品
年代:
技法: 紙にミクストメディア
イメージサイズ: 27×44cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください


土橋醇は、東京美術学校(現・東京藝術大学)油画科を卒業すると、フランスへ渡り、アカデミー・ランソンへ入門します。
ナビ派の創設者ポール・ランソンが立ち上げた私塾「アカデミー・ランソン」は、梅原隆三郎や宮本三郎、高畠達四郎ら日本を代表する多くの洋画家たちがこぞって通った名門の学びの場でした。

日本に居を構え、光風会会員として活動していた1940年代~50年代初頭に残された作品は、西洋絵画の影響を受けた明るい色彩の具象画が中心でした。

d0131874_16413440.jpg

Title: Untitled
年代:1963年頃
技法:版画
イメージサイズ:43×55.5cm
サイン: 有
コンディション:若干の折れ跡有(詳しくはお問い合わせください)
プライス: お問い合わせください


1953年に再び渡仏し、以後20年間制作の拠点をパリに置くと、作風は大きな変化を見せました。

落ち着きのある色彩で描かれたデザイン性豊かな抽象画は、たちまちフランスの地で人気を博すようになります。
サロン・ドートンヌやサロン・ド・メ展を中心に、数々の国際展や個展にて発表を重ね、その名は広く知られるようになっていきました。

モノトーンの世界の中から浮かび上がる明るい光やシルエット。
都会の夜の情景でしょうか。
あるいは何か具体的なものをそこに見出そうとする必要はないのかもしれません。

私たちの想像力を掻き立てられる深遠な抽象世界は、日常から一歩離れた自由な気分を堪能させてくれるのではないでしょうか。

d0131874_18052830.jpg

ただいま海画廊では8月末まで「夏のアートセール」を開催しております。
特別価格でご紹介可能な作品も多数ございます。

土橋醇の作品と併せて、お気に入りの一枚を見つけにぜひ足をお運びくださいませ。

皆様のお越しをお待ち申し上げております。


土橋 醇 Jun DOBASHI

1910年 東京に生まれる
1938年 東京美術学校油画科卒業後、フランスへ渡りアカデミー・ランソンに学ぶ
1940年 一度帰国し、ベトナム、カンボジア、ラオスへ外務省から派遣される
1946年 光風会会員となる
1952年 光風会展にて特賞を受賞
1953年 再び渡仏し、以後20年間パリで制作を続ける
1978年 福島にて死去

作品は東京国立近代美術館、パリ国立近代美術館、サンフランシスコ美術館、ミネアポリス美術館、ルクセンブルク国立美術館他、多数の美術館に収蔵されている。


新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2017-07-19 18:31 | 日本人作家 抽象

木村忠太 油彩・版画・ドローイング作品

【作品のご紹介】

d0131874_19332622.jpg

Title:作品
年代:1983年
技法:キャンバスに油彩
イメージサイズ:27×35cm
サイン:有
プライス:Sold Out

四国・高松に生まれた木村忠太。
1953年に夫人とともにフランスへ渡ると、以後1987年に亡くなるまでパリを拠点に活動を続けました。


d0131874_19333856.jpg
Title:礼拝堂
年代:1987年
技法:キャンバスに油彩
イメージサイズ:16.6×22cm
サイン:有
プライス:お問い合わせください


若くして画家を志し、独立美術協会に所属しながら活動をしていた最中、あえて渡仏を決意したのは、ボナールの作品との出会いが背景にあったとも言われています。
詩情豊かな明るい絵画空間に、自身の目指すべき方向性との共通項を見出したのかもしれません。


d0131874_19423466.jpg
Title:風景
技法:紙に鉛筆
イメージサイズ:65.4×50.5cm
サイン:有
プライス:お問い合わせください

1960年代初頭、南フランスの光に充ちた風景に魅せられると、作風に変化が生まれ始めます。


d0131874_19333875.jpg
Title:クロサンピエールの庭
年代:1973年
技法:リトグラフ
イメージサイズ:34.5×51cm
サイン:有
プライス:Sold Out


フランスで初期に描かれた点描主義的な画面は徐々に輪郭線が薄れ、大胆な色面がのびやかに広がる独自のスタイルを確立していったのでした。

d0131874_19333762.jpg
Title:夏の庭
年代:1977年
技法:リトグラフ
イメージサイズ:44.8×60.5cm
サイン:有
プライス:Sold Out

晩年に残されたいくつかのテキストの中で、自身の創作における立場を「魂の印象派」と名付けています。
南仏プロヴァンスのまばゆい光に包まれた時の荘厳な感動を、芸術によって表現しようとした木村忠太。


d0131874_19333701.jpg
Title:緑草の人
年代:1975年
技法:リトグラフ
イメージサイズ:49.5×65cm
サイン:有
プライス:お問い合わせください

自由でおおらかでのびのびとした筆致や色彩の作品は、見ていると不思議に心が和み、あたたかな気持ちで包んでくれるかのようです。
その奥に秘められた画家の自然に対する畏敬の念、そこに生きる人間存在への問いかけを感じてみてはいかがでしょうか。

d0131874_19333880.jpg

Title:ハシゴ
年代:1977年
技法:リトグラフ
イメージサイズ:44.5×66.5cm
サイン:有
プライス:Sold Out

海画廊ではただいま木村忠太の貴重な一点ものの作品や、飾りやすいリトグラフ作品を多数取り揃えております。

夏本番を前にしたこの時期におすすめの爽やかな色合いの作品たちをぜひ一度ご覧になりにいらっしゃいませんか?
たくさんの方のご来廊、お問い合わせをお待ちしております。


木村忠太 Chuta KIMURA

1917年 高松に生まれる
1943年 帝国美術学校本科(現・武蔵野美術大学)に入学
1948年 独立美術協会会員となる
1953年 渡仏
1969年 サロン・ドートンヌ出品作品がフランス政府国立現代美術基金により買い上げとなる
1984年 フランス政府より芸術文化勲章受章
1987年 パリにて死去



新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町本店4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2017-06-09 13:18 | 日本人作家 抽象

菅井汲 版画・立体作品

【作品のご紹介】

d0131874_13182138.jpg

Title: 緑の太陽
年代:1968年
技法:リトグラフ
イメージサイズ:66.5×51.5cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


日本とフランスを活動の拠点とし、生前から国際的に高い評価を受けた画家・菅井汲。
1952年に渡仏し早速個展を開催すると、初期の東洋的な作風が評判となり、その後も画廊や美術館、国際展などで数多くの発表の機会に恵まれました。


d0131874_13182133.jpg

Title: 美しき庭
年代:1965年
技法:エッチング
イメージサイズ:27.8×22cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


60年ほどの画業の中で、その作風は次々と新しい転換期を迎えます。
初期に見られる重厚な質感で描かれた土俗的モチーフの形体は、時代とともにヴォリュームやマチエールが変化し、次第に幾何学的なフォルムを明快な色彩で描く菅井の代名詞とも言えるスタイルへと移り変わっていきました。

d0131874_13182147.jpg

Title: 森と二つの太陽
年代:1968年
技法:リトグラフ
イメージサイズ: 46.5×62.5cm
サイン:リトグラフ
プライス: お問い合わせください


菅井汲を語るときに必ずと言って良いほど言及されるのが、彼が無類のスピード狂だったということ。
愛車ポルシェでハイウェイを走る際に眼に映る道路標識は、1970年代から見られるようになる記号化・規格化された作風の誕生の所以となりました。

d0131874_13182114.jpg

Title: 標識B
年代:1974年
技法:リトグラフ
イメージサイズ:75×55cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


d0131874_13182192.jpg

Title: S MIRROR
年代:1990年
技法:リトグラフ
イメージサイズ:65×50cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


これらの作品からは、創作において絶えず妥協を許さず、模索を続けた画家の想いが伝わってきます。

海画廊ではこの他にも菅井汲の作品を多数ご用意しております。
ご紹介可能なものをこちらからご覧いただけます。
↓↓↓

d0131874_13182080.jpg

Title: OBJET-SIGNAL
年代:1996年
技法:木に彩色
サイズ:33×12×8cm
サイン:無
プライス: お問い合わせください

また、ただいま海画廊が運営する軽井沢現代美術館の2階企画展示室にて、菅井汲を特集しています!
1940年代から1980年代までの20数点の作品を一挙にご覧いただける貴重な機会となっております。

通年(2017年4月27日~11月23日)での展示ですので、お近くまでお出かけの機会がございましたらぜひお立ち寄りくださいませ。

「菅井汲展」詳細はコチラ
↓↓↓


菅井汲 Kumi SUGAI

1919年 神戸に生まれる
1937年 阪急電鉄宣伝課でグラフィックデザイナーの職に就く
1952年 渡仏、拠点をパリに置く
1962年 ヴェネチア・ビエンナーレ出品
1965年 サンパウロ・ビエンナーレで最優秀外国作家賞受賞
1996年 神戸にて死去


新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2017-05-11 16:56 | 日本人作家 抽象

岡本太郎 版画作品

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、まことにありがとうございました。
本年も皆さまのご期待に添えるようスタッフ一同尽力いたしますので、変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。


【作品のご紹介】

2017年最初にご紹介させていただくのは、日本の前衛芸術のパイオニア、岡本太郎の版画作品です。

d0131874_18171795.jpg


Title: 歓喜
年代: 1970年
技法: 木版
イメージサイズ: 45.5×34cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

熱い眼光を輝かせ、「芸術は爆発だ!」に代表される印象的な名言を残したことでも知られる岡本太郎。
絵画だけでなく、東京オリンピックの参加記念メダルや日本万国博覧会のシンボル、各地に設置されたモニュメントや壁画などのパブリック・アートを手がけ、私たち日本人にとって大変親しみやすく作品を身近に感じることのできるアーティストです。


d0131874_17523026.jpg



Title: めぐりあい
年代: 1970年
技法: 木版
イメージサイズ: 46×34cm
サイン: 有
プライス: Sold Out

大型作品のイメージが強いかもしれませんが、1955年に初めてリトグラフの技法に出会って以降、生涯熱心に版画作品を制作しました。
万博が開催された同年に刷られたこちらの2点。
縁起のよいタイトルも付けられていて、贈り物にもおすすめです。

d0131874_17523061.jpg


Title: ポジション
年代: 1974年
技法: シルクスクリーン
イメージサイズ: 51×37.3cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

d0131874_17523069.jpg


Title: 視る
年代: 1974年
技法: 1974年
イメージサイズ: 51×37cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

「ポジション」と「視る」はパリで最初に作られた版画集“SURMENT ET SANS BUT(絶対的・そして無目的に)”に収録されたシリーズの内の2点です。
日本の書を想起させる勢いのあるストロークが画面上を走っています。
西洋美術の最前線を目の当たりにした岡本太郎が改めて自らのナショナリティーを意識して表現した作品と言えるでしょう

d0131874_18194161.jpg


Title: 風
年代: 1970年
技法: 木版
イメージサイズ: 48×36cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

小手先の美しさや巧妙さではなく、既存の概念にとらわれない新しく自由な美意識を生涯追い求めた岡本太郎。
伝統に挑み、常識に憤り、少年の眼で世界を見つめ続けた偉大な画家の作品は、私たちの背中を押して明日へのエネルギーを与えてくれる気がします。

d0131874_18230820.jpg


ただいま海画廊では、「新春アートフェア」を開催しております。
今回ご紹介しました岡本太郎の版画作品も特集展示していますので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。


岡本 太郎 Taro OKAMOTO

1911年 神奈川に生まれる
1929年 東京美術学校洋画科入学
1930年 家族と共に渡仏し、両親が帰国した後もひとりパリに残る
1932年 美術団体「アブストラクシオン・クレアシオン協会」のメンバーとなる
1940年 ドイツのパリ侵攻により帰国、日本を拠点に前衛芸術の牽引に励む
1970年 日本万国博覧会のシンボル「太陽の塔」「母の塔」「青春の塔」を含むテーマ館を制作、同館館長を勤める
1989年 フランス芸術文化勲章受章
1996年 東京にて死去



お問い合わせはこちらへお願いします。↓
UMIGALLERY
umigallery@hkg.odn.ne.jp
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2017-01-10 10:00 | 日本人作家 抽象

青木野枝「空玉20」「空玉5」コルテン鋼

【作品のご紹介】

d0131874_17291930.jpg


Title: 空玉20
年代: 2015年
技法: コルテン鋼
サイズ: 34×48×11cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

いくつもの大小の輪がリズミカルにつなぎ合わされたオブジェ。
こちらは現代日本の彫刻界を牽引する注目の作家、青木野枝によるものです。

青木は、武蔵野美術大学在学時より一貫して工業用の鉄板を素材として扱っています。
重厚な金属の塊を自ら溶断し、円や線状のパーツをひとつひとつ溶接していくという大掛かりな制作スタイルで知られ、高さが2メートルを超える大型の作品も多く手がけています。

d0131874_17292149.jpg


Title: 空玉5
年代: 2015年
技法: コルテン鋼
サイズ: 45.5×54×19cm
サイン: 有
プライス: お問い合わせください

青木は大地に降り注ぎ、再び大気へと循環する「水」のあり方を作品の主題としています。

今回ご紹介する2点の作品も、硬く冷たい鉄から切り出されたとは思えないほどの繊細なフォルムが特徴で、上昇・生成の動きを繰り返す自然の生命力が生き生きと表現されています。


越後妻有アートトリエンナーレ、あいちトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭といった芸術祭では、地域の住人たちのとのコミュニケーションを積み重ねながら空間そのものを変化させるプロジェクトに取り組んでいます。

大自然の中で、素材本来の硬さや重力をすべて解き放ったかのように風に揺れる彫刻に最初は違和感を感じていた地元の人々も、次第にその風景が「あるべき景色」に思えてくる。
青木の作品からは、こうしたサイト・スペシフィック・アートの持つ意味を読み取ることができるでしょう。

1997年以降は、ドライポイントを中心とした版画作品にも関心を向けるほか、近年では石膏や石鹸などの異素材を用いた作品や、ワークショップの開催などにも力を注いでいます。

今後ますます活躍が期待される青木野枝の飾りやすいサイズの作品を、ぜひご自宅やオフィス、お店などに取り入れてみてはいかがでしょうか。

※こちらの2点は付属の金具で壁に固定できるレリーフタイプの作品です。


青木 野枝 Noe AOKI

1958 年 東京に生まれる
1981 年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業
1983 年 同校大学院造形研究科彫刻コース修了
1997 年 第9 回倫雅美術奨励賞を受賞
2000 年 芸術選奨文部大臣新人賞を受賞
2014 年 第55 回毎日芸術賞を受賞
現在、多摩美術大学客員教授。国内外での個展・グループ展、芸術祭への参加多数。



新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。↓




お問い合わせはこちらへお願いします。↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休
[PR]
by umigallery-san | 2016-11-11 18:40 | 日本人作家 抽象