ブログトップ

海画廊 今月のおすすめ

umisan4.exblog.jp

<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今井俊満 油彩作品

【作品のご紹介】

ここ関東も梅雨入りが発表され、じめじめと蒸し暑い季節となって参りました。

今月は、来たる夏にふさわしい、パワーみなぎる1枚をご紹介いたします。


d0131874_11141245.jpg

Title: Untitled
年代: 1963年
技法: 紙に油彩
サイズ: 32×25cm
サイン:有
プライス: お問い合わせください


作者は今井俊満。

1940年代半ば頃のヨーロッパを中心とした各国では、絵の具をキャンバスに激しく叩き付けるように厚塗りする抽象芸術が旋風を巻き起こしていました。
1952年に渡仏した今井は、留学中にフランスでのこうした運動に相当する「アンフォルメル」に日本人初として加わります。
そして、制作だけでなく同派の数々の優れた作家たちを日本に紹介した点でも大変大きな功績を残したのでした。


d0131874_11141226.jpg

1980年代以降の「琳派」をテーマとした作品群や、晩年の「コギャル」シリーズなど、常に新しい表現を展開した今井。
壮年期の1963年に制作された本作では、小さなグリーンの円を中心として、放射線状に光が放たれているかのような劇的な情景が描かれています。
幾層にも重ねられた絵の具は、さらにその上からペインティングナイフで削り取られ、重厚なマチエールが生み出されています。


d0131874_11142309.jpg

複雑に混ざり合う黒、白、黄に加え、よく見るとネオンピンクのような鮮やかな暖色が細かな飛沫となって散りばめられています。


d0131874_11141182.jpg

キャンバスではなく紙を支持体としているとは思えないほどの迫力です。
厚みのあるパネルにセットされ、アクリルボックスの額に入っております。


d0131874_11142367.jpg

裏面には今井の直筆サインと年記。
サインの周辺にも絵の具が飛び散り、絵筆を片手に制作していた当時の臨場感さえ感じます。


d0131874_11142342.jpg

「アンフォルメル」を中心とした表現主義的な抽象絵画は、戦争や抑圧された社会的背景の不条理が誕生の根源となっている、と言われています。
画家たちはやり場のない感情を色彩に託し、激しく画面にぶつけ、そしてそれを執拗に削り取ることで、自身の存在や芸術の行く先を手探りで求めていたのかもしれません。

世界的にいま高く再評価されている戦後美術。
中でもこちらの今井俊満の貴重な油彩画は、比較的小ぶりでディスプレイもしていただきやすい作品です。

店頭にて、ぜひ「熱い抽象」をご体感くださいませ。
皆さまのご来廊を、お待ちしております。



今井俊満 Toshimitsu IMAI

1928年 京都に生まれる
1952年 渡仏。1960年代末までパリに定住
1955年 日本人初の「アンフォルメル」の主要メンバーになる
1960年 ヴェネチア・ビエンナーレに日本代表として出品
1983年 レジオン・ドヌール勲章オフィシエ受章
2000年 余命宣告を受け、東京・銀座にて「サヨナラ展」を開催
2002年 73歳で死去



新入荷の情報は海画廊HPで随時更新しています。
↓↓↓




お問い合わせはこちらへお願いします。
↓↓↓
UMIGALLERY
info@umigallery.net
千代田区神田神保町1-1
三省堂書店神保町4F
03-3233-3359
(10:00-20:00) 年中無休

[PR]
by umigallery-san | 2018-06-10 10:48 | 日本人作家 抽象